2024年02月11日

【この記事のリンクにはアフィリエイトが含まれています】

こんばんは、わーくです。
作曲もせず電気代の話ばっかりしている守銭奴です♪

さて、制作環境をちょっといじったので、久しぶりに電気代を測ってみました。というのも、導入したソフトシンセを色々とこねくり回すためだけに、Mac+ディスプレイ+アンプ+諸々の無駄なUSB機器をONにし、大量の電力を消費しながら弱い頭で学習を続けるのは不経済では?と考えたからです。この理論を突き詰めると「俺なんて◯んだほうがいい」という結論になるので、そこからは全力で目をそらしつつ、少しでも経済的に制作を楽しむ環境作りを目指して、今日も楽しく電気代を測っていきたいと思います!


<前置き>

制作環境に加えたのは、液晶ペンタブ、XP-PENのArtist Pro 16です。旧型をハードオフでゲット。値段は失念しましたが、2万円はしなかった気がします。フルHDで15.4インチ、タッチには非対応ですが、標準のスタンドが角度調整や安定性の面でめちゃくちゃ使いやすい。ストリングスなどのカーブ入力用に買ったのですが、これの消費電力が非常〜に低く、「これ、Mac StudioでノートPC並の省エネ環境が実現できるんじゃね?」と思い、色々セッティングを試してみた、といういきさつです。

前置きが長くなりましたが、実測タイム!

今回も消費電力の測定に使ったのはREVEXのET30Dです。安いのにいい仕事しやがる!

revex-et30d

写真がこればかりになってしまうので、以下テキストのみでお届けします。実質自分用の備忘録なので・・・。消費電力は、およその値です。


<実験>
  • Mac Studio(M1MAX)単体…OS起動時55W、アイドル時25W、CUBASE使用中50W
  • Antelope Discrete 4 SC…常時8〜9W※
  • Apogee Groove…1W
  • XP-PEN Artist 16 Pro…最低輝度5W、最高輝度11W
  • iLoud MTM…電源ONで音量に関係無く10W
  • Anker 11ポートセルフパワーUSBハブAH232…電源ON時6W
  • KOMPLETE KONTROL S61Mk II…2W
  • MINILAB Mk II…1W
  • KEYLAB 88(初代)…2W
  • KORG nanoKEY2…1W
  • CC121…USBから1W、ACアダプターから5W
  • Stream Deck(15key)…2W
※購入してから2年ちょっと、ず〜っと電源挿しっぱなしのDiscrete 4 SCが常時8Wくらい消費しているのは衝撃でした。1年に2000円以上電気代かかってるじゃん…ちょっとしたサブスク並だわ。これなら録音を伴わないならGroove使ったほうが良さそうです。48kHzでレイテンシー3msくらいまで詰められるし。


<結果>

ここまで測った結果、うちの環境では下記の条件で「実測値35〜40W程度」でソフト音源やエフェクトの実験ができることが分かりました!
  • Mac StudioをON、CUBASE上またはスタンドアロンでソフトシンセ立ち上げ
  • USB3.0ハブ(バスパワー)でUSB鍵盤群とCC121を接続
  • オーディオインターフェースには内蔵またはGrooveを仕様
  • ヘッドフォンで音を確認
雑に計算すると、1時間1円程でソフトシンセをゴリゴリと弾き倒したりメロディ+コード程度のスケッチを進めることができます。いくらなんでも安すぎるだろ!反省しろ!!(そろ寿死U

<考察>

M2のMacbook Airのアイドル時の消費電力が22〜25W程度とのことですので、キーボードやMIDIコンの消費電力を勘案すると、ほぼノートPC並の消費電力でMac Studioが使えることが分かりました。エコだとは思っていたのですがここまでとは…恐ろしい子!!


<蛇足>

ハードシンセ達を使う古き良き制作スタイルにした場合、どれくらい電気を食うのかも試しました。

★パターン①全部ON

安定化電源(FARMAN M-8x AR)にオーディオインターフェース兼ミキサー(FIREFACE UFX II)、MIDIパッチベイ(MAV-8)、シンセ(EX5、MOTIF-RACK ES、JV-2080、INTEGRA-7、01R/W)を接続して電源をONにすると、全部合わせて89Wでした。ここにPCとメインの4K液晶(30W程度)を加えると、だいたい150Wです。ロマンの塊は、相応の対価がかかりますね〜。

★パターン②最小構成

ハードシンセの音を出す際の最小構成です。うちの場合、安定化電源+MIDIパッチベイ+ミキサー+シンセをONにすると、音が出せます。EX5を使いたい時の最小消費電力は実測で48Wでした。この時点でMac Studio+液タブ+USB鍵盤よりも電気食うの、技術の進歩を感じます。

(10:00)

2024年01月21日

どうも。わーくです。

Mac Studio+DC-M3204Kで長らく制作を続けておりましたが、気になる点がひとつ。それは、Macをスリープにしていると、時々ディスプレイがONになり、しばらくするとパワーセーブモードに再突入する。これを繰り返す、という謎現象です。

我が家にあるLGのディスプレイでも同様の現象が起こるので、世界中のマカーが同じ現象に悩まされているかと思いきや、どうやらそうではない模様。解決法が分からなかったので、毎度Macは電源OFFにしてから寝る、という生活を続けておりました。ていうかそれが普通ですね。

でも、わーくは絶対スリープを活用したいマンなので、どうにかならないものかと考えていたところ、突然解決に至りました。

EIZOのEV3285を購入し、Administrator SettingsからCompatibility Modeの設定を「オン」にすることで改善しました。

もし同じ症状で悩まされている方がいらしたら、どうぞお試しあれ!

※ちなみに2024年の年始の時点で、同モニタが5万円引き(公式)で買えるようになってます。QOL爆上がりしました。

(15:03)

2023年07月23日

わーくです。

ベンチマークの数字だけで実際の使用感を判断するのは良くないと思い、KONTAKT 7でライブラリを読み込ませる速度を測ってみました。

【環境】
Mac Stdio M1Max 512GB SSD + 32GBメモリ
使った音源:Native Instruments Symphony Series String Ensemble Library
使ったパッチ:Violins.nki(読み込み後メモリ使用量1.33GB)
SSDの使用量:約3.8TB(両方のSSDの中身は全て同じデータを置いて測定)

外付けケースA: USB3.2 Gen2接続:MONSTER STRAGE MSNVTC30-01GY
外付けケースB:Thunderbolt3接続:OWC ENVOY EXPRESS

NVMe SSD1:Crucial P3 Plus Gen4 NVMe SSD(最大読込速度5000MB/s PCIe4.0)
NVMe SSD2:MONSTER STRAGE MS950(最大読込速度7100MB/s PCIe4.0)



【結果】
USB3.2ケース+MS950…5.1秒
Thunderbolt3ケース+MS950…3.3秒
USB3.2ケース+P3 Plus…13.8秒
Thunderbolt3ケース+P3 Plus… 43.6秒


…マジで? うそでしょ?


あまりに結果が違いすぎたので何度か測ってみたのですが、だいたいこの数字で間違いないです。NVMeのSSDの最大読込速度は、Thunderbolt接続の実際の転送速度(1600MB/s)に遠く及ばないので、多少遅いSSDでも大差ないだろう、と考えていました。でも実際のところは、最大で10倍以上読込時間が変わったのでびっくりです。当然これだけ違えば、使用感も段違い。Omnisphere2もサクサク動きます。7GBくらいあるKeyscape Creative Patchも一瞬で音が出るようになりました。なんだこれ天国か?

というわけで、USBかThunderboltか、も多少は影響はありますが、中身のSSDそのものが大切であることがよ〜く分かりました。

ただし1点だけ注意が。このMonster StrageのNVMe SSD、温度が上がりやすいです。これは定量的に測定できていないのであくまで間隔ですが、SSDのデータを同期するときにケースを触ったところ、持てなくもないけど滅茶苦茶熱い!ってくらいケースが加熱されていました。夏場の使用や長時間の過負荷はデータの損傷に繋がるかもしれないので、廃熱やバックアップを怠らないようにしないといけないと思いました。 

(12:10)

2023年07月22日

先日のアマゾンのセールで購入したSSDです。MONSTER STRAGEの4TB NVMe SSD「MS950」というやつで、例のiPhone用のチップがダブついたと噂のものです。コレを同社のUSB-C接続の外付けケースに入れて速度を測ってみました。

ssd


まあUSB接続ですからね。このくらいが妥当なのでしょう。やっぱりThunderbolt接続のケースは1万円を超えるだけあって、1600MB/sを超える読込速度がでますが、2000円ちょいのUSBは遅いです。ただ、実測値でどのくらい変わるかがポイントなので、それはこれから実験してみようと思います。

(17:39)

2023年04月01日

こんばんは、わーくです。

M3に向けて曲の制作が順調・・・とは言えないですが、4月から色々と状況が変わりそうなので制作にかける時間は確保していけそうです。実際、会場での作品頒布だけではなく、ライブイベントもできたらいいな~と思っていますが、そのためにはボカロ曲を歌ってくれる歌い手さんがいらっしゃらないとですよね。

というわけで、エイプリルフールネタではありましたが、歌い手さんはいつでもウェルカムなのでDSL-Project(わーく)の作品に興味がある方はご連絡くださいませ。

あ、ちなみに岩下の新生姜ミュージアムは3月に行ってきました。社長さんがいらっしゃって、デビューするアイドルのPV?MV?の撮影をされていました。最近は一般向けのライブイベントはあまりされていないということでしたが、タイミングとチャンスがあったら出演したいです。夢を叶えたい!


(11:49)